湯本町とカレー

皆様、こんにちわ!!本日も当サイトをご覧いただき、誠に有難うございます。

早いもので、今年はもう春一番が吹いたと発表されましたね。関西はまだのようですが。

そんな中、先日も好評分譲中の宝塚 湯本町で現場待機をしておりますと、ウォーキングやジョギングを楽しんでいる人達の中に家族連れやカップルがあるお店に向かって歩いています。

その先に何があるのかと思い見てみますと、「チャルテ」というインド料理屋さんでした。本格的なインドカレーが頂けるそうで、その場でナンを焼いてくれるそうです。

ところで皆さん、無性にカレーが食べたくなる時はありませんか?汗をかくほどスパイシーなカレーを体が求めること、ありますよね。

でも、注意してください。それは風邪の前触れかもしれません。

風邪は我々の体内にウイルスなどが侵入し発生する体の不調です。そのウイルスと戦う免疫力の応援をしてくれるのがカレーに含まれる「クルクミン」なのです。クルクミンは免疫力を高め、肝臓の働きを良くしてくれるだけでなく血行促進して体内の有害物質を処理してくれる優れものなのです。

体は正直なもので、肝機能をはじめとする体内の免疫機能が弱まると本能的にクルクミンを欲するようになります。

その結果「無性にカレーが食べたい!」という欲求が高まるのです。ちなみにアルコール成分を分解してくれる肝臓の働きも良くしてくれるので、飲み会続きの方にもオススメです。

暖冬の影響でしょうか?インフルエンザの流行も例年より遅れて警報レベルに達し、感染が急速に広まっています。皆さんも、是非カレーのチカラで風邪に負けない体作りをしてください。

 

 

芦屋・東灘区不動産売却相談室

室長  仲前 徹

2016年2月21日

このページの先頭へ戻る

ホームページ制作:MOYORIC DESIGN

不動産の売却をお考えの方へ
スタッフブログ