住宅の地下室?

皆様、こんにちは!!今日も当サイトをご覧頂き誠に有難うございます。

本日は地下室?少し疑問に思ったので軽く調べてみました。

地階とは、床が地盤面下にある階で床面から地盤面までの高さがその階の天井の高さの3分の1以上のものを地階というようです。

建築面積上では、地盤面から1m以下の部分は建築面積に含まれないため、完全に地盤面下に埋まっている場合はもとより、1mまでは地盤面から出ていても建ぺい率に算入されません。建ぺい率制限上は地階は敷地いっぱいに作ることも可能なようです。

容積率についても住宅の用に供する地下部分については、建物全体の住宅の用途に供する床面積の合計の3分の1を限度として容積率に算入しないこととなります。

その他、採光・衛生の確保などが必要ですので、実際は建築士等と打ち合わせしていく上で思った部屋ができないかもわかりませんが、土地の下も有効利用できれば便利ですよね!!

※建築費はそれなりにかかるでしょうね…

芦屋・東灘区不動産売却相談室

室長 仲前 徹

2012年3月22日

このページの先頭へ戻る

ホームページ制作:MOYORIC DESIGN

不動産の売却をお考えの方へ
スタッフブログ